【臨床心理iNEXT夏期研修会】8月23日(日)9:00-11:00 動機づけ面接の基礎/林 潤一郎(成蹊大学)

【日時】8月23日(日)9:00-11:00

【講義】動機づけ面接の基礎

【概要】

動機づけ面接は、変化に対するアンビバレンス(葛藤)を抱えるクライエントを支援するためのアプローチ法です。関係性を構築し,行動変化に対する抵抗を減らし,動機づけを高めることで,クライエントの望む目標に向かう行動変化を支えます。本講義では、動機づけ面接の基本的な理論と技術を紹介し、クライエントの変化への抵抗感や動機づけの低さをどう理解し、どのように対応していくとよいのかについて学びます。

【講師】林 潤一郎(はやし じゅんいちろう)


成蹊大学経営学部(心理学担当)教授 兼 学生相談室専任カウンセラー。現在の主な臨床領域は学生相談と精神科臨床ですが、これまで産業領域にも携わってきました。認知行動療法を軸の一つとしながら、(各領域の)各クライエントに即した援助的なかかわりが提供できるよう面接技術の研鑽に努めています。

【参加方法】

こちらはZoomを使ったオンライン講習会です。
web サイト「遠見書房の書店」からイベント・チケットをご購入ください。先着150名です。
https://tomishobo.stores.jp で「2020 夏」を検索するか,下記 URL にアクセスください。

※「臨床心理iNEXT」有料会員の皆様は、年額会員なら3講座、月額会員なら1講座無料参加が可能です。詳しくはhttps://cpnext.pro/pdfs/iNEXT_2020summer.pdfか、オンライン・マガジン(https://note.com/inext)をご覧ください。

【料金】2,500 円(税込) この講座のチケットはこちらから購入できます
https://tomishobo.stores.jp/items/5f1828dfd3f167674bbc7055

このブログの人気の投稿

【臨床心理iNEXT夏期研修会】プログラム一覧

【臨床心理iNEXT夏期研修会】9月13日(日)11:30-13:30 応用行動分析の基礎から応用へ/田中恒彦(新潟大学):講師変更

【臨床心理iNEXT夏期研修会】9月13日(日)9:00-11:00  マインドフルネスの臨床活用/大谷彰(Spectrum Behavioral Health)