出版記念オンライン・フォーラム「池見陽・東豊の公開セッションでみる 『新しい日本の心理療法』」

出版記念オンライン・フォーラム

池見陽・東豊の公開セッションでみる
『新しい日本の心理療法』
──これからの心理支援を語り合う──


企画趣旨:
国際心理支援協会・遠見書房共催で,池見陽・浅井伸彦 編『あたらしい日本の心理療法』の出版を記念した出版記念オンライン・フォーラム「池見陽・東豊の公開セッションでみる『新しい日本の心理療法』──これからの心理支援を語り合う──」を開催します。

このフォーラムは,本書の編者でありフォーカシングの世界的権威である池見陽先生(関西大学教授)と,本書の著者で家族療法家として抜群の知名度を誇る東豊先生(龍谷大学教授),デモンストレーション(心理面接)や講習会を行い,クライエントや参加者を交えて,心理支援の技術論はもとより,その根底にある心理療法のあり方をも考えていこうというものです。司会は,本書籍の編者である浅井伸彦先生(国際心理支援協会 代表理事)が担当します。

オンライン形式で行いますので,全国どこからでも受けられます。見逃し配信もあります。

日時:
2022年11月19日(土)
14:00~17:15
(途中休憩あり)
オンライン(zoom)によるフォーラムです。

費用と参加方法: (該当のURLをクリックしていただけると,参加申し込みサイトにつながります)

参加費:    2,800円(税込)https://tomishobo.stores.jp/items/634f8c7b211ac33c59dec9b2
(学割)    1,800円(税込)https://tomishobo.stores.jp/items/634f8d98c808a43db1db3dec
本つき参加費:    5,792円(税込)https://tomishobo.stores.jp/items/634eb82bf51973347b738fc5(書籍「あたらしい日本の心理療法」がつきます)
(学割)       4,792円(税込)https://tomishobo.stores.jp/items/634eb9bdd7e1d85b91a9c446(書籍「あたらしい日本の心理療法」がつきます)

主催:一般社団法人 国際心理支援協会/株式会社 遠見書房


講師紹介

池見 陽(いけみ・あきら)関西大学
兵庫県生まれ。ボストン・カレッジ卒業,シカゴ大学大学院修士課程修了,産業医科大学(医学博士)。関西大学大学院教授。2019年,アメリカ・カウンセリング・アソシエーションよりLiving Luminaryに任命。2020年,日本人間性心理学会より学会賞受賞。
今回のセッションでは,ライブのオンライン・セッションを公開します。言葉にならない世界をどう扱うのか。フォーカシングの醍醐味を味わっていただければと思います。

 

東 豊(ひがし・ゆたか)龍谷大学
龍谷大学文学部臨床心理学科教授。関西学院大学文学部心理学科卒。公認心理師/臨床心理士,医学博士(鳥取大学)。専門はシステムズアプローチ・家族療法。
今回のセッションでは,ライブのオンライン・セッションを公開。 「あたらしい日本の家族療法」(遠見書房)でも書いたP循環療法をベースにした家族支援のお話ができればと思っています。

 

 

浅井伸彦(あさい・のぶひこ)国際心理支援協会 代表理事
大阪府生まれ。関西大学社会学部卒業,京都教育大学大学院修士課程修了。公認心理師,臨床心理士,保育士,オープンダイアローグ国際トレーナー資格など。現在は一般社団法人国際心理支援協会 代表理事,株式会社Cutting edge 代表取締役。
お二人のよさを引き出しつつ,「多様性あふれる心理療法」の世界を参加者のみなさんと共有していきたいです。




【参加条件】
心理支援を学んでいる/実践している方(初学者からベテランまで)。関連他職種の参加も大歓迎です。

【事務局】  
株式会社 遠見書房(イベント係:event@tomishobo.com)
質問などがありましたら,お気軽に上記メールアドレスまでお問い合わせください。

諸注意:
・後日の見逃し配信の視聴期間は,3か月可能です。ライブで講義を受けた方も見直せます。
・本講習会の内容をテキスト化し刊行したり,外部に配信する可能性がございますので,あらかじめご了承ください。
・本講座はすべて,Zoom(オンライン会議システム)を使って行います。Zoomが利用できる環境であることが必須です。接続に関してのサポートは致しかねますのでご容赦ください。
・このイベントへの参加の権利を他の方へ譲渡することはできません。また録画や複数での閲覧もご勘弁ください。

追記情報:

このオンライン・フォーラムでは,クライエント役(セラピストは池見先生,フォーカシング)と,P循環座談会の話者(東先生が主宰)を募集しています。P循環座談会は,東豊先生を含めた4〜5人で座談会を行います(15時〜16時の予定)。その座談会で一緒にお話頂ける人を3人前後募集します。お話する内容は、P循環について。東先生に直接P循環についての質問をしたり、対話相手となっていただきます。

詳しくはこちらをご覧ください。


 







このブログの人気の投稿

オンライン・シンポジウム「困難な時代におけるナラティヴ実践 ―言葉を失う人々との間で―」 開催のお知らせ 

全4回!1回でも聴講可!家族面接・家族支援を学ぶ オンライン・セッション